CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

CATEGORIES

archives

2020.04.19 Sunday

溶解 10

0

    「えへへ・・・。また泣けてきちゃった・・・。」

    「・・・いっぱい泣きなよ・・・。一番つらかったのは奈津美なんだから・・・。よく耐えたよね・・・。」

    「・・・ううん・・・。お姉ちゃんとお父さんとお母さんの方がつらかったよ・・・、絶対・・・。あたしなんか当事者なんだから・・・、耐えて当然だよ・・・。全然だよ・・・。」

    「・・・そんなことないって・・・。」

    「・・・3人がそばにいてくれたから・・・心強かったし乗り切れた・・・。耐えられたのは家族のおかげだから・・・。でも・・・、お姉ちゃんには一番心配かけちゃって・・・。ごめんなさい・・・。寄り添って親身になって一緒に悩んでくれて・・・。感謝してもしきれない・・・。」

    「・・・あたしなら大丈夫・・・。あちこち電話して八つ当たりして、行動で解決、発散したから。」

    「・・・うん・・・、いっぱい電話してあたしの代わりに言いにくいこと言ってくれて・・・、聞いてくれて・・・、嫌なことも言われたって思うのに・・・。あたしには何も言わずに黙って動いてくれて・・・、身重の身体で・・・。」

    「妹のためだもん!当然!」

    「・・・本当にありがとう・・・。ほんと、あの時、一生分、面倒見てもらっちゃった気がする・・・。」

    「いやいや、まだだよ、まだ!やり切れてない!終わってない!・・・孝司さんちに車で突っ込んで玄関破壊計画、まだ実行してない!・・・」

    「・・・?・・・」

    「・・・ふぅー・・・、ため息〜・・・、それやらないと終わらないのよね〜!・・・私の中では・・・。」

    「・・・え・・・?・・・」

    「・・・いつ実行しようかな・・・。」

    「ちょっと待って!・・・何それ?!・・・冗談に聞こえないんだけど!」

    「・・・そして、家に上がって、孝司さんの位牌見つけてつかんで、『あたしのかわいい妹に何してくれてんだ!このぼけー!』って叫びながら位牌を畳にたたきつける。」

    「((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・・・え・・・?・・・・」

    「これで完璧なんだけどね〜。ふぅ〜・・・。」

    ・・・・

    「・・・故人に・・・なんて罰当たり・・な・・・。」

    「・・・あん時、うちの両親に止められたからさぁ〜。明日新潟行って実行してくる!って宣言したら。」

    「・・・え?!まじでやろうとしたの?・・・・」

    「もちろん!ま、正確には、お父さんは『よし、お前の気のすむまで暴れてこい!後の責任は俺が多分引き受けるかもしれないし、引き受けないかもしれない』って言ってくれて。」

    「・・・いや、それ、絶対引き受けないでしょ!引き受けないよね!お父さん!」

    「お母さんからは『やるなら、一筆書いていけ。うちの母親は死にました。』って紙と筆を差し出された。後々めんどくさいから死んだことにするって!」

    「・・・もうー!止め方が甘い!何、そのゆるい感じ!」

    「そんなこんなでやらなかったので、未遂?に終わりました。でも、もし、命令が発動されたら・・・、その時は誰も私を止められない!」

    「やめてー!お姉ちゃん!普通の一般人に戻ってー!何か変なゲームのやり過ぎー!それー!!」

    「・・・血が騒ぐ・・・。」

    「・・・騒がんでいいよぉ〜〜〜〜!お願い、やめてぇぇぇ〜〜〜!・・・・って、何これー、どうしてギャグにいっちゃうのー?深刻な打ち明け話なのにー!」

     

     


    2020.04.25 Saturday

    スポンサーサイト

    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      コメント
      コメントする